デルジェス


ストラディヴァリと共にヴァイオリン作りの頂点に立つ巨匠といえば、通称グァルネリ・デル・ジェス (Guarneri del Gesù)ことバルトロメオ・ジュゼッペ・グァルネリ(Bartolomeo Giuseppe Guarneri)。 彼は、三世代に渡って続いたヴァイオリン作りの一族、グァルネリ家の一員です。グァルネリ家からは他にも4人の優れた製作家が生まれていますが、デル・ジェスのイメージがあまりにも強烈なため、グァルネリといえば自然とデル・ジェスを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 イエスのグァルネリ グァルネリ・デル・ジェスとは「イエスのグァルネリ」という意味を持つあだ名です。彼のラベルに使われていた十字架と IHS のサインから後に人々が名付けました。IHS はラテン語の Iesus Hominem Salvator を短縮したもので、救世主イエスの意味を持ちます。 デル・ジェスがこのサインを使用していたのは、彼が熱心なクリスチャンだったためと捉えられがちですが、実はこれが単に工房の所在地を示したものだったのではないかという解釈が近頃はとられています。 同様のサインを用いたレリーフが工房の入り口に彫りこまれていたか、看板として掛けられていたのではないかという説です。 デル・ジェスの名にどこか伝説じみたロマンスを求める人々にとっては、現実的すぎて少し残念な話ですよね。 空白の6年 1698年に生まれたデル・ジェスは、1714年頃に父、 ジュゼッペ・グァルネリ ・フィリウス・アンドレア(Giuseppe Guarneri filius Andreæ)の弟子としてヴァイオリンを作り始めますが、そのまま製作家としての道をまっしぐらに歩んでいったわけではありません。 このころのクレモナで唯一繁盛していたのはストラディヴァリの工房のみで、隣人であるグァルネリ一家は経済的に非常に苦しい立場にありました。 1715年に父ジュゼッペは多額の借金をしています。父親が必死になって働いているにもかかわらず、暮らしは一向に楽にならない。そんな状況のなか、デル・ジェスの兄であり、同じくヴァイオリン製作者であるピエトロ・グァルネリはクレモナでの生活に見切りをつけ、1717年にヴェネチアに移住します。 そして5年後の1722年、デル・ジェス自身もカタリーナ・ロタと結婚すると同時に住み慣れたグァルネリ一族の家を離れます。この一族の家は二つの建物からなっており、新婚間もない夫婦が住んでも全く問題なかったはずです。 しかも、デル・ジェスは末っ子でしたが、1人目の兄は既に15歳の若さで他界しており、2人目の兄であるピエトロもクレモナを離れ家族との縁を断ってしまったために、彼が一族の家と仕事をそのまま受け継ぐことになるはずだったのです。どんな事情があったのでしょうか? […]

【名器のお話し】グァルネリ・デル・ジェス 1741年『ヴュータン』


“エネスコ”グァルネリ・デル・ジェスのレプリカを製作したときの工程をご紹介します。 以下の工程はレプリカを作るために私がとっている方法です。作る楽器や個々のオーダーメイドで何が求められているかに合わせて臨機応変に製作方法を変えていきます。 大雑把な説明の仕方ですが、バイオリンを作ったことがある人にも、ちょっとした発見はあるかもしれません。 出来上がった楽器の紹介はこちらからどうぞ。2018 “Enescu” Guarneri del Gesu 以下のリンクをクリックすると各パーツの説明に飛びます。Ribs (側板)Front (表板)Back (裏板)Scroll (ネック、渦巻き)Assembly (組み立て) Ribs ボディの輪郭をもとに作った側板用のテンプレートです。Enescuは表板と裏板の形状が大きく異なるので、別々のテンプレートを用意します。 一般的に使われる内型といわれるものとは異なる、スケルトン型というものを使用します。ここにテンプレートを付けて作業します。 テンプレートを乗せるとこのようになります。 型に付いているブロックを成形し、横板をテンプレートにそって曲げていきます。 Cバウツを表と裏のテンプレートに沿って曲げ、膠でブロックに接着したところです。 さらに上と下側の側板を曲げる準備をします。 これで側板は全て付きました。 テンプレートを外すとこうなります。 表板に側板のラインを写しているところです。 Front 表板用に選んだ木材です。この一枚の状態から真ん中で割り、2枚にします。 2枚にしたものを本を開くような感じに合わせ、膠で接着します。ここに横板が後ほど接着される位置 と、バイオリンのおよその輪郭を描きます。 描いた輪郭を残すように糸鋸で切り取ります。楽器の内部になる裏側なので今はまだ平らです。 表側を大きなノミで削り、アーチとよばれる膨らみを出していきます。 アーチはこのようにテンプレートを使って確認しながら形作っていきます。このようなテンプレートは全て、今回Enescuを作るために新しく製図におこして作ったものです。 ノミでおおよその膨らみを出したあと、後ほどに写真が出てくる豆鉋という小さい鉋を使って曲線を出していきます。 さらにスクレーパーという道具を使いアーチをきれいにしていきます。 アーチを仕上げるのに使うのはこのスクレーパーという道具だけです。紙やすりは使いません。 アーチが出来上がったら、今度は裏側にむけ... […]

Making of “Enescu” Guarneri del Gesu


”エネスコ” グァルネリ・デル・ジェス コピー ジョルジュ・エネスコ (ジョルジェ・エネスク、George Enescu)が所有していたジュゼッペ・グァルネリ・デル・ジェスのレプリカです。 見た目だけではなく、音色にもオールドのような深みと渋さを出せました。 製作の工程を別ページで紹介しています。 速報! オーナー様のご厚意により、このバイオリンを11月の展示会で展示させていただけることになりました!!! 国内はもとより、海外のお客様からも多数興味を持っていただいている楽器です。この機会に是非お試しください。 ボディ: 351.5mm アッパーバウツ:164.5mm Cバウツ: 105mm ローワーバウツ:203mm

2018 Copy of the “Enescu, Cathedral” Giuseppe Guarneri del Gesù



Stradivari Viola Copy
比較的状態の良いストラディヴァリの渦巻きを見ると、輪郭の角を落とす面取りと呼ばれる加工のしてある部分が、黒く塗られているのがわかります。 これはアントニオ・ストラディヴァリが1690年頃に始めたもので、それ以前の作品には見られない特徴です。輪郭を強調させようとしたのでしょうか。ちょうど面取りそのものの幅が広くなるのと同時期です。 左にあるのが1690年以前の黒塗りがされていない渦巻きで、右が1690年以降の黒塗りがされている渦巻きになります。彫り方を比べてみてもその作風がかわっているのがわかりますね。 この黒い色は、色をつけるためのニスを塗る前に塗られています。そのため、ニスが保護膜となり、300年経ったいまでも所々にまだ残っているのです。 クレモナの製作者で面取りを黒くしたのは、ストラディヴァリ家の3人とグァルネリ・デル・ジェスだけです。カルロ・ベルゴンツィの作品にも明らかに面取りを黒塗りしてあるバイオリンが1棹 (1733年作『Salabue, Martzy』)と、どことなく塗ってあったような名残があるバイオリンがもうひとつ (1733-35作『Kreisler』)あります。しかし、この二つはどちらとも所有者だったコジオ伯爵によって、コーナーを短くするなど、手を加えられており、この黒塗りもストラディヴァリに傾倒していた彼の仕業の可能性が高いです。 このコジオ伯爵、トリノ時代のガダニーニにいろいろな指図をしてよりストラディヴァリっぽい作品を作らせようともしていました。もちろん、トリノ時代のガダニーニの渦巻きは面取りが黒く塗られています。上がミラノ時代のガダニーニの渦巻き、下がトリノ時代の渦巻きです。 勘違いをすることが多いのですが、ボディのコーナー部で側板がツノになっている先の部分は、ストラディヴァリは黒く塗っていません。ここを黒くしたのはデル・ジェスです。デル・ジェスは黒塗りをとても気に入っていたようで、他にもペグボックスの壁の内側の面取り(ストラディヴァリにはこの面取り自体がありません)や、裏板のボタンの面取り部分も黒くしています。

ストラディヴァリウスのスクロールその2


バイオリンのデザインと聞くと、まず思い浮かべるのがボディの輪郭ですよね。しかし、表板と裏板の膨らみ、つまり『アーチ』も楽器の音色と密接に関係するデザインの要素です。では、そのアーチはどのようにデザインされているのでしょうか。 バイオリンに重要なアーチ 16〜18世紀半ばのクレモナのバイオリンのアーチの美しさには目を見張ります。同じクレモナの楽器でも、アーチには様々なスタイルがあり、同じ製作者が作ったものでも時期が違えば、おもむきが正反対のアーチを使っていたりします。 しかし、彼らのアーチには、いつもなにか共通した文法のようなものが存在しています。常に美しくありながら、自由度が高いデザインの方法を知っていたのでしょう。 短縮サイクロイド曲線 クレモナの巨匠がアーチのデザインを得るためにおそらく使っていただろうと現在幅広く認められているのが、短縮サイクロイド曲線(Curtate Cycloid)というものです。 短縮サイクロイドを使ってオールドバイオリンを分析し発表したのはトゥリオ・ピゴリ (Tullio Pigoli)が初めてだったと言われていますが、これとは別に独自の研究を行い発表し、普及させたのがクエンティン・プレイフェア  (Quentin Playfair)です。ピゴリの記事は1984年4月号の『Liuteria』に、プレイフェアの記事は1999年11月号の『The Strad Magazine』に掲載されています。 短縮サイクロイドについての詳しい説明はここでは省略し、ここでは短縮サイクロイドを実際にどのように使ってアーチを描くのかをご紹介します。 Guarneri filius Andrea 1705 まずはデル・ジェスの父親であるグァルネリ・フィリウス・アンドレアが1705年頃に製作したバイオリンを例として説明します。古い楽器のアーチは経年変化によって歪んでいることが多くこの楽器も例外ではないのですが、ここでは一番歪みが少ない部分である裏板のアッパーバウツのアーチを使います。 まずは描きたいアーチの幅と高さをだします。ここで注意するのは、これらの寸法をアーチが一番低くなっている点を基準にして測るということです。なので、ここでいうアーチの高さ=表裏板の高さではありません。また、ボディの幅が同じ楽器でも掘りの広さによってアーチの幅は変わってきます。 2つの寸法を使ってこのような円盤を作ります。円盤が一回りしたときの距離、つまり円周がアーチの幅と一緒になるようにしたいので、直径をアーチの幅÷3.14で求めます。さらに円盤の中心からアーチの高さ÷2の位置に鉛筆の先が入る大きさの穴を開けます。これで準備完了。あとは動画にあるように簡単に短縮サイクロイドが描けます。 出来上がった曲線はこのようになります。美しいですね。では、サイクロイドで描いた曲線をオリジナルから写されたアーチと比べてみましょう。 歪みや製作過程で生まれる誤差を考慮するとほぼ完璧に一致しています。ここまで合っていると偶然とはとても思えません。 グァルネリ・フィリウス・アンドレア 1705年製バイオリンアッパーバウツ 幅:154mm 高さ:9.5mm 表板は裏板に比べると歪みが酷く、短縮サイクロイドが当てはまらないことが多いのですが、このフィリウス・アンドレアでは裏板用に描いた曲線がピッタリとあいます。 大きさの違う円盤をいくつか用意すれば様々なモデルに対応して使えます。アッパーバウツのみならずセンターやローアーバウツのアーチも描けますし、もちろんビオラ、チェロにも対応できます。 Guarneri del Gesu […]

アーチのデザイン