グァルネリ


ストラディヴァリと共にヴァイオリン作りの頂点に立つ巨匠といえば、通称グァルネリ・デル・ジェス (Guarneri del Gesù)ことバルトロメオ・ジュゼッペ・グァルネリ(Bartolomeo Giuseppe Guarneri)。 彼は、三世代に渡って続いたヴァイオリン作りの一族、グァルネリ家の一員です。グァルネリ家からは他にも4人の優れた製作家が生まれていますが、デル・ジェスのイメージがあまりにも強烈なため、グァルネリといえば自然とデル・ジェスを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 イエスのグァルネリ グァルネリ・デル・ジェスとは「イエスのグァルネリ」という意味を持つあだ名です。彼のラベルに使われていた十字架と IHS のサインから後に人々が名付けました。IHS はラテン語の Iesus Hominem Salvator を短縮したもので、救世主イエスの意味を持ちます。 デル・ジェスがこのサインを使用していたのは、彼が熱心なクリスチャンだったためと捉えられがちですが、実はこれが単に工房の所在地を示したものだったのではないかという解釈が近頃はとられています。 同様のサインを用いたレリーフが工房の入り口に彫りこまれていたか、看板として掛けられていたのではないかという説です。 デル・ジェスの名にどこか伝説じみたロマンスを求める人々にとっては、現実的すぎて少し残念な話ですよね。 空白の6年 1698年に生まれたデル・ジェスは、1714年頃に父、 ジュゼッペ・グァルネリ ・フィリウス・アンドレア(Giuseppe Guarneri filius Andreæ)の弟子としてヴァイオリンを作り始めますが、そのまま製作家としての道をまっしぐらに歩んでいったわけではありません。 このころのクレモナで唯一繁盛していたのはストラディヴァリの工房のみで、隣人であるグァルネリ一家は経済的に非常に苦しい立場にありました。 1715年に父ジュゼッペは多額の借金をしています。父親が必死になって働いているにもかかわらず、暮らしは一向に楽にならない。そんな状況のなか、デル・ジェスの兄であり、同じくヴァイオリン製作者であるピエトロ・グァルネリはクレモナでの生活に見切りをつけ、1717年にヴェネチアに移住します。 そして5年後の1722年、デル・ジェス自身もカタリーナ・ロタと結婚すると同時に住み慣れたグァルネリ一族の家を離れます。この一族の家は二つの建物からなっており、新婚間もない夫婦が住んでも全く問題なかったはずです。 しかも、デル・ジェスは末っ子でしたが、1人目の兄は既に15歳の若さで他界しており、2人目の兄であるピエトロもクレモナを離れ家族との縁を断ってしまったために、彼が一族の家と仕事をそのまま受け継ぐことになるはずだったのです。どんな事情があったのでしょうか? […]

【名器のお話し】グァルネリ・デル・ジェス 1741年『ヴュータン』