【描いてみよう】Gasparo da Salo Viola Part 2


ローアーバウツを描く

Part 1の手順を追って完成したのが、これから楽器の輪郭を描いていくための要になる枠となります。


まずはローアーバウツから描いていきます。

コンパスをNPの長さに合わせます。


NPを半径として、Nが中心になる弧を描きます。


Nを中心として半径がNP-1/2XPとなる弧を描きます。

pの縦線から水平に図ったときに1/2XPになる短い線を、その弧に交わるように引きます。

p’側も同様にします。


さきほど描いた弧と線の交点を中心にして、半径が1/2XPの円を描きます。


eの垂直線からpの垂直線までの距離を5等分にし、eから2つ分のところのX線上に印をつけます。

その印を中心にして、半径がXPになる弧を、1つ前の工程で描いた円に交わるように描きます。


上で描いた弧と円の交点を中心として半径がXPとなる弧を左右に描きます。


同じ交点を中心にして、今度は半径がXP+1/3XNとなる弧を描きます。

X線から1/3XN下がった場所に短い水平線を、先に描いておいた弧と交わるように描きます。


上で描いた弧と水平線の交点を中心にして、半径が1/3XNの円を描きます。


無駄な線をある程度消去して、整えたのがこの状態です。

これで、ローアーバウツの輪郭が描けました。

Part 3 ではミドルバウツの描き方に移ります。

ご質問、その他のお問い合わせは下記のフォームからどうぞ。