製作


“エネスコ”グァルネリ・デル・ジェスのレプリカを製作したときの工程をご紹介します。 以下の工程はレプリカを作るために私がとっている方法です。作る楽器や個々のオーダーメイドで何が求められているかに合わせて臨機応変に製作方法を変えていきます。 大雑把な説明の仕方ですが、バイオリンを作ったことがある人にも、ちょっとした発見はあるかもしれません。 出来上がった楽器の紹介はこちらからどうぞ。2018 “Enescu” Guarneri del Gesu 以下のリンクをクリックすると各パーツの説明に飛びます。Ribs (側板)Front (表板)Back (裏板)Scroll (ネック、渦巻き)Assembly (組み立て) Ribs ボディの輪郭をもとに作った側板用のテンプレートです。Enescuは表板と裏板の形状が大きく異なるので、別々のテンプレートを用意します。 一般的に使われる内型といわれるものとは異なる、スケルトン型というものを使用します。ここにテンプレートを付けて作業します。 テンプレートを乗せるとこのようになります。 型に付いているブロックを成形し、横板をテンプレートにそって曲げていきます。 Cバウツを表と裏のテンプレートに沿って曲げ、膠でブロックに接着したところです。 さらに上と下側の側板を曲げる準備をします。 これで側板は全て付きました。 テンプレートを外すとこうなります。 表板に側板のラインを写しているところです。 Front 表板用に選んだ木材です。この一枚の状態から真ん中で割り、2枚にします。 2枚にしたものを本を開くような感じに合わせ、膠で接着します。ここに横板が後ほど接着される位置 と、バイオリンのおよその輪郭を描きます。 描いた輪郭を残すように糸鋸で切り取ります。楽器の内部になる裏側なので今はまだ平らです。 表側を大きなノミで削り、アーチとよばれる膨らみを出していきます。 アーチはこのようにテンプレートを使って確認しながら形作っていきます。このようなテンプレートは全て、今回Enescuを作るために新しく製図におこして作ったものです。 ノミでおおよその膨らみを出したあと、後ほどに写真が出てくる豆鉋という小さい鉋を使って曲線を出していきます。 さらにスクレーパーという道具を使いアーチをきれいにしていきます。 アーチを仕上げるのに使うのはこのスクレーパーという道具だけです。紙やすりは使いません。 アーチが出来上がったら、今度は裏側にむけ... […]

Making of “Enescu” Guarneri del Gesu


旧ブログのエントリーでも説明したのですが、私がニスを塗るときには色が強いものを1〜3回に分けて塗ります。このビオラを塗装した際の写真を見てください。 始めの画像は目止めなどの下地処理が終わった状態のスクロールです。この渦巻きの黒い縁取りが気になる方は、ストラディヴァリウスのスクロールその2を読んでみてください。 そして次の写真がニスを1層塗った状態です。違いがよく分かるように、塗装途中で写真を撮ってみました。 1層のニスがどれだけ濃い色をしているのかがよく分かりますよね。

ニスの色の濃さ


”エネスコ” グァルネリ・デル・ジェス コピー ジョルジュ・エネスコ (ジョルジェ・エネスク、George Enescu)が所有していたジュゼッペ・グァルネリ・デル・ジェスのレプリカです。 見た目だけではなく、音色にもオールドのような深みと渋さを出せました。 製作の工程を別ページで紹介しています。 速報! オーナー様のご厚意により、このバイオリンを11月の展示会で展示させていただけることになりました!!! 国内はもとより、海外のお客様からも多数興味を持っていただいている楽器です。この機会に是非お試しください。 ボディ: 351.5mm アッパーバウツ:164.5mm Cバウツ: 105mm ローワーバウツ:203mm

2018 Copy of the “Enescu, Cathedral” Giuseppe Guarneri del Gesù



ニス塗り中のベロジオのビオラ表板f孔アップ
ベロジオ ビオラ 18世紀後半にベネチアで活躍したアンセルモ・ベロジオ (Anselmo Bellosio)をコピーしたビオラです。ボディは390mm (15 1/3 inches)と小さいですが、弦長は410mmくらいのビオラと変わりません。そのため音量も充分にありますし、小型のビオラの弱点と言われるC線も非常によく鳴ります。 ボディ:390mm弦長:372mm ビオラのサイズについてお悩みではありませんか?あなたに合ったビオラをお作りいたします。 こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。 Journalに戻る

2017 Anselmo Bellosio Viola 390mm


バイオリンのデザインと聞くと、まず思い浮かべるのがボディの輪郭ですよね。しかし、表板と裏板の膨らみ、つまり『アーチ』も楽器の音色と密接に関係するデザインの要素です。では、そのアーチはどのようにデザインされているのでしょうか。 バイオリンに重要なアーチ 16〜18世紀半ばのクレモナのバイオリンのアーチの美しさには目を見張ります。同じクレモナの楽器でも、アーチには様々なスタイルがあり、同じ製作者が作ったものでも時期が違えば、おもむきが正反対のアーチを使っていたりします。 しかし、彼らのアーチには、いつもなにか共通した文法のようなものが存在しています。常に美しくありながら、自由度が高いデザインの方法を知っていたのでしょう。 短縮サイクロイド曲線 クレモナの巨匠がアーチのデザインを得るためにおそらく使っていただろうと現在幅広く認められているのが、短縮サイクロイド曲線(Curtate Cycloid)というものです。 短縮サイクロイドを使ってオールドバイオリンを分析し発表したのはトゥリオ・ピゴリ (Tullio Pigoli)が初めてだったと言われていますが、これとは別に独自の研究を行い発表し、普及させたのがクエンティン・プレイフェア  (Quentin Playfair)です。ピゴリの記事は1984年4月号の『Liuteria』に、プレイフェアの記事は1999年11月号の『The Strad Magazine』に掲載されています。 短縮サイクロイドについての詳しい説明はここでは省略し、ここでは短縮サイクロイドを実際にどのように使ってアーチを描くのかをご紹介します。 Guarneri filius Andrea 1705 まずはデル・ジェスの父親であるグァルネリ・フィリウス・アンドレアが1705年頃に製作したバイオリンを例として説明します。古い楽器のアーチは経年変化によって歪んでいることが多くこの楽器も例外ではないのですが、ここでは一番歪みが少ない部分である裏板のアッパーバウツのアーチを使います。 まずは描きたいアーチの幅と高さをだします。ここで注意するのは、これらの寸法をアーチが一番低くなっている点を基準にして測るということです。なので、ここでいうアーチの高さ=表裏板の高さではありません。また、ボディの幅が同じ楽器でも掘りの広さによってアーチの幅は変わってきます。 2つの寸法を使ってこのような円盤を作ります。円盤が一回りしたときの距離、つまり円周がアーチの幅と一緒になるようにしたいので、直径をアーチの幅÷3.14で求めます。さらに円盤の中心からアーチの高さ÷2の位置に鉛筆の先が入る大きさの穴を開けます。これで準備完了。あとは動画にあるように簡単に短縮サイクロイドが描けます。 出来上がった曲線はこのようになります。美しいですね。では、サイクロイドで描いた曲線をオリジナルから写されたアーチと比べてみましょう。 歪みや製作過程で生まれる誤差を考慮するとほぼ完璧に一致しています。ここまで合っていると偶然とはとても思えません。 グァルネリ・フィリウス・アンドレア 1705年製バイオリンアッパーバウツ 幅:154mm 高さ:9.5mm 表板は裏板に比べると歪みが酷く、短縮サイクロイドが当てはまらないことが多いのですが、このフィリウス・アンドレアでは裏板用に描いた曲線がピッタリとあいます。 大きさの違う円盤をいくつか用意すれば様々なモデルに対応して使えます。アッパーバウツのみならずセンターやローアーバウツのアーチも描けますし、もちろんビオラ、チェロにも対応できます。 Guarneri del Gesu […]

アーチのデザイン


短いオイルニス?なにそれ? 『ショートオイルニス』(Short Oil Varnish) と呼ばれるニスがあります。どんなものか分かりますか? Shortという単語を聞くと「短い」という訳がすぐに思いつきますよね。「短いオイルニスって、なんじゃそりゃ」と思ってしまいますが、Shortには「十分ではない、足りない、乏しい」という意味も含まれているので、この場合は「オイルが乏しいニス」となります。 オイルニスは乾性油と樹脂を混ぜ合わせて作りますが、出来上がったニスの性質はこのオイルと樹脂の割合に大きく影響されます。 そこで、オイルニスのなかでも特に樹脂の割合がオイルに比べて高いものを『ショートオイルニス』と呼ぶようになりました。逆にオイルの割合が樹脂に比べて特に高いものはどう呼ばれているか想像できますか? そう、『ロングオイルニス』(Long Oil Varnish)です。 ストラディヴァリのニス? 2010年にStefan-Peter Greiner とBrigitte Brandmairによって書かれた本『Stradivari Varnish』が出版されてからというもの、このショートオイルニスの人気が高まっています。というのも『Stradivari Varnish』で著者がストラディヴァリウスに塗られたニスに近いのではないかとするのが、オイルと樹脂の重量比が 1:4のショートオイルニスだからです。 近年の研究では、Stefan-Peter Greiner とBrigitte Brandmairの他にもJean-Philippe Echardがストラディヴァリウスのニスはショートオイルニスだったのではないかと論文で述べています。 では、この類のニスにはどのような特徴があるのでしょうか? ショートオイルニスの特徴 ショートオイルニスの特徴を挙げましょう; オイルニスを調合する際、加熱処理により色を濃くできるのは樹脂なので、その割合が高いショートオイルニスではニスの厚みに対する色の濃さが強くなる。 磨きやすい。 剥がれやすい。 […]

ショートオイルニス