ストラディヴァリ


名器とは、いったいどんな楽器のことをいうのでしょうか?ストラディヴァリウスは全て名器なのでしょうか? 「ストラディヴァリウス=名器」という考えの間違い 一般的にアントニオ・ストラディヴァリ(Antonio Stradivari)やグァルネリ・デル・ジェス(Guarneri del Gesu)などといった、誰もが知っている巨匠たちの楽器が紹介されるときには、必ずといっても良いほど「これは○○が17**年に作った名器の一つで…….」というような説明が付きますよね。 けれども「○○が製作したから名器だ」という考え方はできるだけ避けたほうが良いでしょう。なぜなら、たとえどんな名匠が作った楽器でも、個々の品質にばらつきが存在するからです。 これは、楽器だけにいえることではありませんよね。絵画もそうですし、焼き物などでもそうです。そしてもちろん、いかなる名演奏家の演奏についても同じことがいえます。ストラディヴァリウスだから名器だ、と決め付けるのはストラディヴァリにとっても失礼なことでしょう。 こんな話を冒頭にするのも、ここで紹介する楽器が、あまりにも素晴らしい出来栄えだったのでストラディヴァリ自身が死ぬまで手放せずにいた、と言われているヴァイオリンだからです。話の真相は今となっては闇の中ですが、ストラディヴァリによって1716年に生み出されてから、彼の死後37年経ったから1774年まで、実に約60年ほどの間、『メサイア』と呼ばれるこのヴァイオリンがストラディヴァリ家の外に出ることがなかったのは事実です。 作った本人が執拗に売ることを拒んだといわれる楽器、『メサイア』には、それだけの質があります。このようなものこそ、まさに名器とよばれるに相応しいのではないでしょうか。 ただし、客観的に見て、『メサイア』がストラディヴァリの最高傑作かとなると、また別です。万が一、市場に出ることになったら、史上もっとも高い値段のヴァイオリンになるのは間違いない『メサイア』。しかし、その価値は、後の項でも話す保存状態に依るところが大きいです。 メサイアという名の由来 1716年、この名器が作られたとき、アントニオ・ストラディヴァリは既に73歳でした。メサイアというのは、メシア、つまり救世主のことです。なぜヴァイオリンにこんな名前が付いているのか不思議に思いますよね? 通常有名なヴァイオリンには過去の所有者の名前がその楽器の名として付くことが多いですが、『メサイア』の場合は例外です。その経歴をたどってその名前の由来を明かしてみましょう。 永らくストラディヴァリ一家の手中にあった『メサイア』ですが、1774年頃、コジオ伯爵(Count Coziodi Salabue)という元祖ヴァイオリンコレクターとでもいうべき人が、アントニオ・ストラディヴァリの末っ子、パウロ(Paolo)から工房に残っていた数々の楽器をまとめ買いした際に、彼の手にはいります。 そして1827年、『メサイア』はコジオ伯爵からルイジ・タリシオ (Luigi Tarisio)という今では伝説的なイタリア人のコレクターの手に渡ります。タリシオは友好関係にあったパリ在住のディーラーや製作家 (有名なヴィヨームもその中の一人)にことあるごとにその『素晴らしいストラド』を自慢の種にするのですが、決して彼らに実物を見せることはしませんでした。 これが当時の演奏家ジャン=デルファン・アラード (Jean Delphin Alard)に「あぁ!君が言うそのバイオリンはまるで救世主(メサイア)みたいじゃないか!みんな待っているのに決して現われてはくれない!」と言わせることになります。 これがこのヴァイオリンが『メサイア』と呼ばれる所以です。 保存状態が抜群にいい では、その救世主なるヴァイオリンはいったいどんな楽器なんでしょうか? まず、『メサイア』を目にしたときに驚かされるのは、その保存状態でしょう。数あるストラディヴァリウスのなかで、これよりも状態が良いものはフローレンスにあるタスカン・メディチとよばれるヴィオラだけです。 ニスがほぼ全面に残っているのに加え、縁もほとんどすり減っておらず、とても300年前に作られた楽器を見ているとは思えません。使いこなされた楽器が持つソフトな外見に慣れ親しんでいる人にとっては、この『メサイア』が持つ鋭利で鮮明な姿が奇異に映るでしょう。 […]

【名器のお話し】アントニオ・ストラディヴァリ1716年『メサイア』


パーソナルモデル 速報! オーナー様のご厚意により、この楽器を11月の展示会で展示させていただけることになりました。お客様が欲した音色をどのように形にしたのか、その説明と共にお試しいただける貴重な機会です。お見逃しなく。 この楽器のお客様からいただいたオーダーの内容は、「ストラディヴァリとか、グァルネリとかいったモデルにはこだわっていないので、深くて固くない音色のバイオリンが欲しい」というものでした。そこで、深みがあり少々ダークな音色に定評のある後期のストラディヴァリをベースに、常にお客様の理想の音を頭に思い浮かべながら、比較的自由に自分の個性を出しつつ作ったのがこのバイオリンです。ふくよかなアーチから想像できる豊かな音色で、お客様にも大変喜んでいただけました。 Journalに戻る

2016 Personal Model Violin


旧ブログのエントリーでも説明したのですが、私がニスを塗るときには色が強いものを1〜3回に分けて塗ります。このビオラを塗装した際の写真を見てください。 始めの画像は目止めなどの下地処理が終わった状態のスクロールです。この渦巻きの黒い縁取りが気になる方は、ストラディヴァリウスのスクロールその2を読んでみてください。 そして次の写真がニスを1層塗った状態です。違いがよく分かるように、塗装途中で写真を撮ってみました。 1層のニスがどれだけ濃い色をしているのかがよく分かりますよね。

ニスの色の濃さ



Stradivari Viola Copy
比較的状態の良いストラディヴァリの渦巻きを見ると、輪郭の角を落とす面取りと呼ばれる加工のしてある部分が、黒く塗られているのがわかります。 これはアントニオ・ストラディヴァリが1690年頃に始めたもので、それ以前の作品には見られない特徴です。輪郭を強調させようとしたのでしょうか。ちょうど面取りそのものの幅が広くなるのと同時期です。 左にあるのが1690年以前の黒塗りがされていない渦巻きで、右が1690年以降の黒塗りがされている渦巻きになります。彫り方を比べてみてもその作風がかわっているのがわかりますね。 この黒い色は、色をつけるためのニスを塗る前に塗られています。そのため、ニスが保護膜となり、300年経ったいまでも所々にまだ残っているのです。 クレモナの製作者で面取りを黒くしたのは、ストラディヴァリ家の3人とグァルネリ・デル・ジェスだけです。カルロ・ベルゴンツィの作品にも明らかに面取りを黒塗りしてあるバイオリンが1棹 (1733年作『Salabue, Martzy』)と、どことなく塗ってあったような名残があるバイオリンがもうひとつ (1733-35作『Kreisler』)あります。しかし、この二つはどちらとも所有者だったコジオ伯爵によって、コーナーを短くするなど、手を加えられており、この黒塗りもストラディヴァリに傾倒していた彼の仕業の可能性が高いです。 このコジオ伯爵、トリノ時代のガダニーニにいろいろな指図をしてよりストラディヴァリっぽい作品を作らせようともしていました。もちろん、トリノ時代のガダニーニの渦巻きは面取りが黒く塗られています。上がミラノ時代のガダニーニの渦巻き、下がトリノ時代の渦巻きです。 勘違いをすることが多いのですが、ボディのコーナー部で側板がツノになっている先の部分は、ストラディヴァリは黒く塗っていません。ここを黒くしたのはデル・ジェスです。デル・ジェスは黒塗りをとても気に入っていたようで、他にもペグボックスの壁の内側の面取り(ストラディヴァリにはこの面取り自体がありません)や、裏板のボタンの面取り部分も黒くしています。

ストラディヴァリウスのスクロールその2


ストラディヴァリウスの本の上に乗っているビオラ
ストラディヴァリ ビオラ 1732年頃にストラディヴァリが作っていたらこうなっただろうと想定して製作したビオラです。 ボディの長さは、Andrea Guarneriモデルとほぼ変わりませんが、横幅が広く丸い形をしたグァルネリと比べ、すっきりとした外見です。アーチも低すぎず、高すぎず、贅肉を削いだ作りになっています。他のモデルと比べると、より明るく焦点のあった洗練された音色を奏でます。 ボディ:413.5mm アッパーバウツ:184mm Cバウツ:124.5mm ローアーバウツ:240mmストップ:220mm弦長:374mm ストラディヴァリのビオラについて、何かご質問はありますか? こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。 Journalに戻る

2017 Stradivari Viola


スクロールは製作者の個性が際立って現れる箇所です。当時の楽器としては比較的精度が高いストラディヴァリの楽器でも、渦巻きを見ると左右全く同じというわけではなく、彼の癖がよくわかります。 ストラディヴァリの黄金期に作られたヴァイオリンの渦巻きに特に目立つ特徴が、その楕円形です。言葉で説明するのが難しいので上にある図を見てください。 このような癖があるので、高音側から見たときの渦巻きには頭をもたげていくような印象があり、低音側から見たときには逆に頭をうつむかせていくような印象があります。幾何学的に描かれる渦巻きからずれていることで独特の動きと流れが出ています。 1704年製『ベッツ』の渦巻きの輪郭だけ線として残し、両側を重ねてアニメーションにしました。こうしてみると違いがわかりやすいですね。 この記事について、何かご質問はありますか? こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。 Journalに戻る

ストラディヴァリウスのスクロール