2016 Personal Model Violin


パーソナルモデル

速報!

オーナー様のご厚意により、この楽器を11月の展示会で展示させていただけることになりました。
お客様が欲した音色をどのように形にしたのか、その説明と共にお試しいただける貴重な機会です。お見逃しなく。


この楽器のお客様からいただいたオーダーの内容は、「ストラディヴァリとか、グァルネリとかいったモデルにはこだわっていないので、深くて固くない音色のバイオリンが欲しい」というものでした。
そこで、深みがあり少々ダークな音色に定評のある後期のストラディヴァリをベースに、常にお客様の理想の音を頭に思い浮かべながら、比較的自由に自分の個性を出しつつ作ったのがこのバイオリンです。
ふくよかなアーチから想像できる豊かな音色で、お客様にも大変喜んでいただけました。



あなたが思い描く理想の音が、どのように1つのバイオリンとして形になっていくのか不思議に思いますか?

その疑問にお答えします。こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。


Journalに戻る