渦巻き


旧ブログのエントリーでも説明したのですが、私がニスを塗るときには色が強いものを1〜3回に分けて塗ります。このビオラを塗装した際の写真を見てください。 始めの画像は目止めなどの下地処理が終わった状態のスクロールです。この渦巻きの黒い縁取りが気になる方は、ストラディヴァリウスのスクロールその2を読んでみてください。 そして次の写真がニスを1層塗った状態です。違いがよく分かるように、塗装途中で写真を撮ってみました。 1層のニスがどれだけ濃い色をしているのかがよく分かりますよね。

ニスの色の濃さ


Stradivari Viola Copy
比較的状態の良いストラディヴァリの渦巻きを見ると、輪郭の角を落とす面取りと呼ばれる加工のしてある部分が、黒く塗られているのがわかります。 これはアントニオ・ストラディヴァリが1690年頃に始めたもので、それ以前の作品には見られない特徴です。輪郭を強調させようとしたのでしょうか。ちょうど面取りそのものの幅が広くなるのと同時期です。 左にあるのが1690年以前の黒塗りがされていない渦巻きで、右が1690年以降の黒塗りがされている渦巻きになります。彫り方を比べてみてもその作風がかわっているのがわかりますね。 この黒い色は、色をつけるためのニスを塗る前に塗られています。そのため、ニスが保護膜となり、300年経ったいまでも所々にまだ残っているのです。 クレモナの製作者で面取りを黒くしたのは、ストラディヴァリ家の3人とグァルネリ・デル・ジェスだけです。カルロ・ベルゴンツィの作品にも明らかに面取りを黒塗りしてあるバイオリンが1棹 (1733年作『Salabue, Martzy』)と、どことなく塗ってあったような名残があるバイオリンがもうひとつ (1733-35作『Kreisler』)あります。しかし、この二つはどちらとも所有者だったコジオ伯爵によって、コーナーを短くするなど、手を加えられており、この黒塗りもストラディヴァリに傾倒していた彼の仕業の可能性が高いです。 このコジオ伯爵、トリノ時代のガダニーニにいろいろな指図をしてよりストラディヴァリっぽい作品を作らせようともしていました。もちろん、トリノ時代のガダニーニの渦巻きは面取りが黒く塗られています。上がミラノ時代のガダニーニの渦巻き、下がトリノ時代の渦巻きです。 勘違いをすることが多いのですが、ボディのコーナー部で側板がツノになっている先の部分は、ストラディヴァリは黒く塗っていません。ここを黒くしたのはデル・ジェスです。デル・ジェスは黒塗りをとても気に入っていたようで、他にもペグボックスの壁の内側の面取り(ストラディヴァリにはこの面取り自体がありません)や、裏板のボタンの面取り部分も黒くしています。

ストラディヴァリウスのスクロールその2


スクロールは製作者の個性が際立って現れる箇所です。当時の楽器としては比較的精度が高いストラディヴァリの楽器でも、渦巻きを見ると左右全く同じというわけではなく、彼の癖がよくわかります。 ストラディヴァリの黄金期に作られたヴァイオリンの渦巻きに特に目立つ特徴が、その楕円形です。言葉で説明するのが難しいので上にある図を見てください。 このような癖があるので、高音側から見たときの渦巻きには頭をもたげていくような印象があり、低音側から見たときには逆に頭をうつむかせていくような印象があります。幾何学的に描かれる渦巻きからずれていることで独特の動きと流れが出ています。 1704年製『ベッツ』の渦巻きの輪郭だけ線として残し、両側を重ねてアニメーションにしました。こうしてみると違いがわかりやすいですね。 この記事について、何かご質問はありますか? こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。 Journalに戻る

ストラディヴァリウスのスクロール