これまでニコロ・アマティ (Nicoló Amati) の作品を紹介すると共に、彼の弟子についてもふれてきました。ニコロ・アマティの弟子として確かな記録が残っているのは、ニコロ自身の息子、ジロラモ二世 (Girolamo II) を含めると17人います。アマティの弟子だったと一般に言われるアントニオ・ストラディヴァリですが、彼が本当にそうだったと決定づける資料は見つかっていません。 弟子入りと聞くと、長期間にわたり耐え忍びながら師匠の技を学ぶというイメージがありますが、ニコロに師事した弟子の大多数は、1年から2年ほどアマティ家に住み込みで働いた後に去っていきました。 唯一の例外は、跡継ぎのジロラモ二世を除くと、初期のアマティ工房を支えたアンドレア・グァルネリ (Andrea Guarneri) とジャコモ・ジェナーロ (Giacomo Gennaro) の二人です。 隠れた名匠ジャコモ・ジェナーロ アンドレア・グァルネリは、デル・ジェスを生み出したグァルネリ一族の創始者としてその名を残すだけではなく、彼自身もかなりの成功を収めた人物です。名前だけでも聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。対して、ジャコモ・ジェナーロはというと、そんな名前は聞いたこともないという方がほとんどでしょう。 1624年頃に生まれ、1701年に亡くなったジェナーロは、遅くとも1641年から少なくとも1646年、またはその翌年まで、グァルネリと共にアマティ工房で働いていました。結婚を機にアマティ家を去ったその後も、近所に住みながらニコロの手伝いを続けたと思われています。 当時は重要な役割であった時計台の見張り役も務め、経済的にかなり余裕があったジャコモですが、独立した工房や店を営んでいたという痕跡はみられません。おそらく、作りかけ、もしくはほぼ完成した楽器をニコロに提供するという形で仕事をしていたのでしょう。 ジェナーロの作品はアマティのものと非常に似ているため、本来貼られていた彼自身のラベルが後世の人々によってニコロのものに差し替えられてしまい、より高価なアマティの作品として売られてしまった可能性もあります。 ここでご紹介しているのは、このジャコモ・ジェナーロが1650年頃に製作したヴィオラです。 この楽器には、もちろん師匠であるニコロからの影響が強く現われていますが、アントニオとジロラモのアマティブラザーズからの影響も顕著です。また、同僚であったアンドレア・グァルネリとの共通点も、特徴ある渦巻きなどに見出すことができます。 現存するアンドレア・グァルネリのヴィオラには、ジェナーロが作ったスクロールが付いているのではないかという作品もあります。 ずんぐりとしたボディですが、その輪郭は常に流れを意識したデザインなので、不細工には見えません。むしろ、ふくよかなラインが魅力的と言ったほうが適切でしょう。どことなくタツノオトシゴを思わせるf孔も、このヴィオラに親しみやすさを与えています。 これほどまでに優れた作品を生み出すことができた製作者の認知度が、あまりにも低すぎるのは残念だとしか言いようがありません。 魂のセンサス ニコロの弟子を判明させるのに重要な役割を果たすのは、「魂のセンサス」こと、イタリア語で「スタート・デレ・アニーメ (Stato del le […]

【名器のお話し】ジャコモ・ジェナーロ1650年ヴィオラ


間もなく行われる展示会に出店する海外からのメーカーを紹介! Catherine Janssens (キャサリン・ヤンセンズ) キャサリン・ヤンセンズは、英国にあるNewark School of Violin Makingを卒業後、2005年にベルーギーの首都ブリュッセルで工房を構えました。 各地のワークショップやセミナーに積極的に参加し、技術の向上に熱心なキャサリンは、また、人との繋がりを重視しています。弓作りを専門とする数人の仲間と共に2009年にスタートしたAtelier Flageyは、志をともにするヴァイオリンと弓の製作者たちが、互いの知識や技術をオープンに交換しあい、新作ヴァイオリンと弓の認知度を高めるための工房です。 彼女は、2014年に立ち上げられた現代の製作者を積極的に支援するための新しい協会『Ekho』の創設者の一人であり、会長を務めています。 ヴァイオリニストでもある彼女は、音色が生み出されるメカニズムに特に興味を持っており、カルテットにおける音響理論の研究にも力を入れています。 ALADFI(ヴァイオリンと弓製作者のフランスの協会)の活動的なメンバーであり、技術者同士の協力関係をよりよくするために献身的な活動をしています。また、セミナーやコンサートを主催することで、製作者とミュージシャンがお互いにより深く理解しあえる環境も目指しています。この夏に開いた新しい工房は、このような繋がりを深め、さらに発展させていく場所になることでしょう。 Daoudi Hassoun (ダウディ・ハッサン) 1984年、フランス生まれ。イギリスのNewark School of Violin Makingでヴァイオリン製作を学んだ彼は、2008年に卒業した後、ブリュッセルでAtelier Flageyに加わりました。 Atelier Flageyで、ロバート・ピアスとブレーズ・エミュランから弓職人として技術を学び、6年間にわたりチームの一員として工房の発展に貢献しました。『Ekho』にも創立当時から関わっています。 その後、フランスのブルターニュに移り、エリック・フルニエと共に2年間働き、2016年に独立。現在は、ヴァイオリン製作者のバレンタイン・デウィットとシェアをする工房で、弓作りに専念しています。 新進気鋭の製作者をサポートするために設立されたマルセル=ヴァテロット財団からは、将来を期待され、助成金を授与しています。 Eduardo Castagno (エドゥアルド・カスターニョ) 岡山で生まれ、幼少期を日本で過ごしたエドゥアルド・カスターニョは、5歳のときからピアノを学んでいました。 […]

VIOLIN EXPO 海外からの出展者


1630年のペストの大流行によってニコロ・アマティ(Nicoló Amati)がイタリアで「実質上唯一」のヴァイオリン製作者となったと今までに何度かお話ししましたが、厳密に言うと、ニコロがただ独り残されてしまったわけではありません。 クレモナからそれほど離れていないブレシアでは、ペストで倒れたマジーニ(Giovanni Paolo Maggini)の死後にも、ほそぼそと活動していた製作者がいました。また、当時のクレモナにはチローニ(Cironi)とよばれる楽器作りの一族もいました。 ただし、このチローニ一族についての記録は比較的多く存在しているのですが、肝心な彼らが作ったとされる楽器が残っていません。チローニ家最後の製作者だったと思われるジェロラモ・チローニが死んだのは、奇しくもニコロ・アマティの才能と成功を象徴する作品『アラード』が作られた1649年です。 さて、この1649年はニコロ・アマティの後継者、ジロラモ二世(Girolamo II)が生まれた年でもあります。ニコロと妻ルクレッジアの間には9人の子供が生まれましたが、ヴァイオリンを作ることになったのは、ジロラモただ一人です。 ニコロは、ジロラモが生まれた時点で既に50代に突入していました。このため彼は、ジロラモになるべく早く自分の跡を継がせようとします。1660年代になると、ニコロは早速ジロラモに修行を始めさせました。 工房内でのジロラモの影響力はすぐに増していったようで、1660年代の後半になると、まだ若き青年だったジロラモの手癖がニコロの楽器に色濃く出てくるようになります。1670年以降にニコロ・アマティの作品として作られた楽器は、ニコロのラベルが貼られてはいますが、その大部分がジロラモの手によるものです。 ここでご紹介するのは、1675年にアマティ工房で作られた「グランド・アマティ」タイプのヴァイオリンです。「グランド・アマティ」とは、ニコロ・アマティがまだ若いころに開発し、その後に続いた製作者のお手本となったヴァイオリンのモデルです。ニコロが使用したモデルの中でも特に大きいサイズなので、後世の人々にそうよばれるようになりました。『アラード』などと比べて一回り大きいこのモデルを使って作られたニコロのヴァイオリンは、彼の楽器のなかでも特に人気があります。 このヴァイオリン、便宜上、ニコロの作品ということになってはいますが、ジロラモの影響が明白に現れています。より短く簡略化されたコーナー、堀が浅めのアーチ、華奢な羽を持ち直立気味に配置されたf孔などが特徴です。優雅さを前面に押し出していた初期のニコロの作品と比べて逞しさを増した作りとなっており、それに見合うかのように音色もより力強いものになっています。『アラード』と見比べてもらえば、その違いは明らかです。 ニコロの初期と、ジロラモの影響下にある後期のヴァイオリンのアーチとの違いについて、上の図に示しておきました。裏板のアッパーバウツとよばれる上部の断面を再現したものです。後期のアーチは窪みになっている堀の部分が、初期のものと比べて、より浅く、そして狭くなっているのが分かると思います。 17世紀のヴァイオリン工房というと、ほんの数人の職人が朝から晩まで工房にこもり、ただひたすら楽器を完成させていくというイメージがありますが、現実はかなり異なっていました。 工房では、楽器の製作が行われるだけではなく、楽器用の様々なアクセサリーも製造されていましたし、修理なども行われていました。また、楽器の査定や売買に関する仲介役も務めたことでしょう。現在でいうディーラーですね。アマティ工房のように王室や貴族からの注文を受けるためには、単なる職人としての技術だけではなく、交渉人としての技術も問われたはずです。 司祭であり、また音楽家でもあったドン・アレッサンドロ・ロディが他界した1661年、ニコロはロディ家に残された楽器を査定するために招かれています。このロディは、アマティ家のお得意さんでもあり、彼が所有していたコレクションのなかにはニコロによって作られたチェロとヴァイオリンも含まれていました。 この時に残された記録によると、ニコロ自身によって作られたチェロは22ドゥカトーニ、ヴァイオリンは15ドゥカトーニという値がつけられています。同じころ、フランチェスコ・ルジェリ(Francesco Ruggieri)によって作られたヴァイオリンは、4ドゥカトーニで売られていました。アマティの楽器がどのような評価を受けていたかがよく分かりますね。 アマティとルジェリにまつわる有名なこぼれ話に次のようなものがあります。1685年、音楽家トマッソ・アントニオ・ヴィタリが大金をはたいて買ったアマティのヴァイオリンが実はルジェリによるものだったことが発覚。救済を求めて公爵に訴えたというエピソードです。 アマティのラベルの下にルジェリのラベルが隠されていたそうですよ。大金をはたいて買ったヴァイオリンが実は4分の1の価値しかない偽物だった。これでは怒るのも無理ありません。 ヴァイオリン作りで成功していたにもかかわらず、ニコロは楽器作り以外のビジネスにも手を出していました。クレモナ市内の物件を購入して賃貸したり、はたまた郊外に農場に投資をしたり。 もっとも、これらのビジネスはいつも上手くいっていたわけではありません。1641年に576ドゥカトーニで購入した農場は、ローンを支払う間もなく、6年後に発生した紛争によって台無しにされてしまいます。 この不幸な出来事の後、ニコロは未払い分の借金の額を減らすように農場の売り手と交渉し、成功しますが、後にこの約束をめぐるトラブルに巻き込まれてしまいます。和解が成立したのは、なんと30年以上後の1681年。なんとまぁ、長期にわたって揉めていたものです。 1650年〜1670年はまさしくアマティ工房の絶頂期でした。この間に作られた楽器は数多く、アマティは商業的にも大成功を収めていました。そして、1670年代に入り、ニコロは第一線を退き、ジロラモに家業を引き継ぐ準備をしていきます。四世代目による、栄光に輝くアマティ家の新時代の幕開けです。立派な一人前の職人に成長したジロラモによって、アマティ工房はこれからもさらなる飛躍を遂げていくことでしょう。 しかし……、ここで妙なことが起こります。 ジロラモに工房が任されるようになった1670年以降、アマティ工房で作られる楽器の数は徐々に減少していくのです。何が起こっていたのでしょうか? 忌まわしいペストの大流行によって一時は瀕死状態にあったヴァイオリン作り。しかし、40年の時を経て、ニコロの才能と努力のお陰でその伝統は再び花を咲かせていました。 クレモナでは、愛弟子であったアンドレア・グァルネリ(Andrea Guarneri)が2人の息子と共に、アマティ工房の近所でまずまずの成功を収めており、また、フランチェスコ・ルジェリも4人の息子と共に精力的に活動していました。グァルネリとルジェリ一族は、富裕層を客層としていたアマティと異なり、おそらく手に入りやすい道具として楽器を売っていたと思われます。 そして、この時のクレモナには、もう1人、天才的な製作者がめきめきと頭角を現してきていました。もう皆さんには、誰のことだかお分かりですよね。そう、アントニオ・ストラディヴァリ(Antonio […]

【名器のお話し】ニコロ・アマティ1675年製ヴァイオリン



ガスパロ・ダ・サロ モデル ビオラ ビオラ奏者にとって憧れのガスパロ・ダ・サロをモデルにしたビオラです。 ボディの側板と裏板にはメープルではなく、ポプラを使用しています。 ポプラをボディの材料として使うことで、より深く暖かい音色になり、レスポンスも良好な楽器ができます。また、長時間演奏しても疲れないように軽量化を図るためにも、より一般的なメープルよりも比重が軽いポプラは非常に有効です。C線からA線までバランスよく、繊細な音から身体に伝わる豪快に鳴り響く音まで、演奏者の期待に応えてくれる音色のビオラになりました。 「ガスパロ・ダ・サロモデルのビオラは弾いてみたいけれども420mmはちょっと...」という方には、このモデルをご希望のサイズでお作りいたしますよ。もちろん、メープルを使ったモデルもご用意できます。 ボディ:420mmアッパーバウツ:204mmCバウツ:135mmローワーバウツ:242mm弦長:374mmストップ:220mm Journalに戻る

2019 Gasparo da Salo Viola 420mm   更新しました!


モンタニャーナ チェロ モンタニャーナのチェロは、ストラディヴァリのチェロなどと比べると、ずんぐりむっくりとした輪郭をしています。堀が浅く力強いアーチと伴い、この体型が独特で馬力のある音色の鍵となっているようです。ただ、ボディのくびれた部分(Cバウツ)の横幅が広いため、弓が表板のエッジに当たりやすくなり、演奏に支障をきたすことがあります。私が製作するときには、ネックの高さ、角度、またボディの輪郭などに工夫をこらし、そのようなことが起こらないようにしています。 表情豊かでパワーもありますが、高音を弾いても決して耳障りにならない音色のチェロです。 ボディ: 747mm アッパーバウツ: 358mm Cバウツ: 254mm ローワーバウツ: 445mm 弦長: 695mm モンタニャーナ モデルのチェロ、または木村哲也製作のチェロ全般について、何かご質問はありますか?こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。 Journalに戻る

2016 Montagnana Cello


名器とは、いったいどんな楽器のことをいうのでしょうか?ストラディヴァリウスは全て名器なのでしょうか? 「ストラディヴァリウス=名器」という考えの間違い 一般的にアントニオ・ストラディヴァリ(Antonio Stradivari)やグァルネリ・デル・ジェス(Guarneri del Gesu)などといった、誰もが知っている巨匠たちの楽器が紹介されるときには、必ずといっても良いほど「これは○○が17**年に作った名器の一つで…….」というような説明が付きますよね。 けれども「○○が製作したから名器だ」という考え方はできるだけ避けたほうが良いでしょう。なぜなら、たとえどんな名匠が作った楽器でも、個々の品質にばらつきが存在するからです。 これは、楽器だけにいえることではありませんよね。絵画もそうですし、焼き物などでもそうです。そしてもちろん、いかなる名演奏家の演奏についても同じことがいえます。ストラディヴァリウスだから名器だ、と決め付けるのはストラディヴァリにとっても失礼なことでしょう。 こんな話を冒頭にするのも、ここで紹介する楽器が、あまりにも素晴らしい出来栄えだったのでストラディヴァリ自身が死ぬまで手放せずにいた、と言われているヴァイオリンだからです。話の真相は今となっては闇の中ですが、ストラディヴァリによって1716年に生み出されてから、彼の死後37年経ったから1774年まで、実に約60年ほどの間、『メサイア』と呼ばれるこのヴァイオリンがストラディヴァリ家の外に出ることがなかったのは事実です。 作った本人が執拗に売ることを拒んだといわれる楽器、『メサイア』には、それだけの質があります。このようなものこそ、まさに名器とよばれるに相応しいのではないでしょうか。 ただし、客観的に見て、『メサイア』がストラディヴァリの最高傑作かとなると、また別です。万が一、市場に出ることになったら、史上もっとも高い値段のヴァイオリンになるのは間違いない『メサイア』。しかし、その価値は、後の項でも話す保存状態に依るところが大きいです。 メサイアという名の由来 1716年、この名器が作られたとき、アントニオ・ストラディヴァリは既に73歳でした。メサイアというのは、メシア、つまり救世主のことです。なぜヴァイオリンにこんな名前が付いているのか不思議に思いますよね? 通常有名なヴァイオリンには過去の所有者の名前がその楽器の名として付くことが多いですが、『メサイア』の場合は例外です。その経歴をたどってその名前の由来を明かしてみましょう。 永らくストラディヴァリ一家の手中にあった『メサイア』ですが、1774年頃、コジオ伯爵(Count Coziodi Salabue)という元祖ヴァイオリンコレクターとでもいうべき人が、アントニオ・ストラディヴァリの末っ子、パウロ(Paolo)から工房に残っていた数々の楽器をまとめ買いした際に、彼の手にはいります。 そして1827年、『メサイア』はコジオ伯爵からルイジ・タリシオ (Luigi Tarisio)という今では伝説的なイタリア人のコレクターの手に渡ります。タリシオは友好関係にあったパリ在住のディーラーや製作家 (有名なヴィヨームもその中の一人)にことあるごとにその『素晴らしいストラド』を自慢の種にするのですが、決して彼らに実物を見せることはしませんでした。 これが当時の演奏家ジャン=デルファン・アラード (Jean Delphin Alard)に「あぁ!君が言うそのバイオリンはまるで救世主(メサイア)みたいじゃないか!みんな待っているのに決して現われてはくれない!」と言わせることになります。 これがこのヴァイオリンが『メサイア』と呼ばれる所以です。 保存状態が抜群にいい では、その救世主なるヴァイオリンはいったいどんな楽器なんでしょうか? まず、『メサイア』を目にしたときに驚かされるのは、その保存状態でしょう。数あるストラディヴァリウスのなかで、これよりも状態が良いものはフローレンスにあるタスカン・メディチとよばれるヴィオラだけです。 ニスがほぼ全面に残っているのに加え、縁もほとんどすり減っておらず、とても300年前に作られた楽器を見ているとは思えません。使いこなされた楽器が持つソフトな外見に慣れ親しんでいる人にとっては、この『メサイア』が持つ鋭利で鮮明な姿が奇異に映るでしょう。 […]

【名器のお話し】アントニオ・ストラディヴァリ1716年『メサイア』