名器とは、いったいどんな楽器のことをいうのでしょうか?ストラディヴァリウスは全て名器なのでしょうか? 「ストラディヴァリウス=名器」という考えの間違い 一般的にアントニオ・ストラディヴァリ(Antonio Stradivari)やグァルネリ・デル・ジェス(Guarneri del Gesu)などといった、誰もが知っている巨匠たちの楽器が紹介されるときには、必ずといっても良いほど「これは○○が17**年に作った名器の一つで…….」というような説明が付きますよね。 けれども「○○が製作したから名器だ」という考え方はできるだけ避けたほうが良いでしょう。なぜなら、たとえどんな名匠が作った楽器でも、個々の品質にばらつきが存在するからです。 これは、楽器だけにいえることではありませんよね。絵画もそうですし、焼き物などでもそうです。そしてもちろん、いかなる名演奏家の演奏についても同じことがいえます。ストラディヴァリウスだから名器だ、と決め付けるのはストラディヴァリにとっても失礼なことでしょう。 こんな話を冒頭にするのも、ここで紹介する楽器が、あまりにも素晴らしい出来栄えだったのでストラディヴァリ自身が死ぬまで手放せずにいた、と言われているヴァイオリンだからです。話の真相は今となっては闇の中ですが、ストラディヴァリによって1716年に生み出されてから、彼の死後37年経ったから1774年まで、実に約60年ほどの間、『メサイア』と呼ばれるこのヴァイオリンがストラディヴァリ家の外に出ることがなかったのは事実です。 作った本人が執拗に売ることを拒んだといわれる楽器、『メサイア』には、それだけの質があります。このようなものこそ、まさに名器とよばれるに相応しいのではないでしょうか。 ただし、客観的に見て、『メサイア』がストラディヴァリの最高傑作かとなると、また別です。万が一、市場に出ることになったら、史上もっとも高い値段のヴァイオリンになるのは間違いない『メサイア』。しかし、その価値は、後の項でも話す保存状態に依るところが大きいです。 メサイアという名の由来 1716年、この名器が作られたとき、アントニオ・ストラディヴァリは既に73歳でした。メサイアというのは、メシア、つまり救世主のことです。なぜヴァイオリンにこんな名前が付いているのか不思議に思いますよね? 通常有名なヴァイオリンには過去の所有者の名前がその楽器の名として付くことが多いですが、『メサイア』の場合は例外です。その経歴をたどってその名前の由来を明かしてみましょう。 永らくストラディヴァリ一家の手中にあった『メサイア』ですが、1774年頃、コジオ伯爵(Count Coziodi Salabue)という元祖ヴァイオリンコレクターとでもいうべき人が、アントニオ・ストラディヴァリの末っ子、パウロ(Paolo)から工房に残っていた数々の楽器をまとめ買いした際に、彼の手にはいります。 そして1827年、『メサイア』はコジオ伯爵からルイジ・タリシオ (Luigi Tarisio)という今では伝説的なイタリア人のコレクターの手に渡ります。タリシオは友好関係にあったパリ在住のディーラーや製作家 (有名なヴィヨームもその中の一人)にことあるごとにその『素晴らしいストラド』を自慢の種にするのですが、決して彼らに実物を見せることはしませんでした。 これが当時の演奏家ジャン=デルファン・アラード (Jean Delphin Alard)に「あぁ!君が言うそのバイオリンはまるで救世主(メサイア)みたいじゃないか!みんな待っているのに決して現われてはくれない!」と言わせることになります。 これがこのヴァイオリンが『メサイア』と呼ばれる所以です。 保存状態が抜群にいい では、その救世主なるヴァイオリンはいったいどんな楽器なんでしょうか? まず、『メサイア』を目にしたときに驚かされるのは、その保存状態でしょう。数あるストラディヴァリウスのなかで、これよりも状態が良いものはフローレンスにあるタスカン・メディチとよばれるヴィオラだけです。 ニスがほぼ全面に残っているのに加え、縁もほとんどすり減っておらず、とても300年前に作られた楽器を見ているとは思えません。使いこなされた楽器が持つソフトな外見に慣れ親しんでいる人にとっては、この『メサイア』が持つ鋭利で鮮明な姿が奇異に映るでしょう。 […]

【名器のお話し】アントニオ・ストラディヴァリ1716年『メサイア』


1630年代始めにイタリア北部を中心に猛威を振るったペストの流行によって、35歳という若さで、ニコロ・アマティ(Nicolò Amati)が実質上イタリア唯一のヴァイオリン製作者となってしまったことは、このコラムでお話ししました。 ストラディヴァリ、グァルネリと並んでヴァイオリン製作の三大巨匠に数えられるニコロ・アマティの名器を今回はご紹介します。 ニコロが、ジロラモ・アマティ (Girolamo Amati)とジロラモの後妻であるラウラ・ラッザリーニ(Laura Lazzarini)との間に生まれたのは、1596年12月3日のことです。 父親のもとで幼い時から修行を積んできたニコロですが、1620年代に入るとめきめき頭角を現し、1620年代後半には老いゆく父ジロラモに代わりアマティ工房を統括するようになります。このころにアマティの工房で作られた楽器には「アマティ兄弟」のラベルが貼られていますが、実際にはニコロが作ったものです。 有名な「グランド・アマティ」とよばれるモデルが初めて登場するのもこのころ、1628年のことです。その後まさに「標準仕様」となるモデルをまだ 30 歳になりたてのころに開発するとは、時代を先取りしたアイディアとそれを体現できる才能の持ち主だったのでしょう。 およそ100年ほども続いてきた家業を、ニコロへ円滑に継承させる準備をしていたジロラモ・アマティ。立派に育った息子が独自のスタイルを築きあげていくのを誇りに思い、新しい時代の到来を待ちわびていたのではないでしょうか。 奇しくも、飢餓とペストをイタリア北部にもたらし、結果、ジロラモの命を奪うことになる紛争が、勃発したのもこの1628年。残念ながら新世代の幕開けは、汚されたものとなってしまったのです。 立て続きに起こった惨事に打ちのめされたイタリア北部。経済の悪化と共にヴァイオリンの需要は、激減してしまいました。また、居場所をなくしてしまった親戚の世話役を務める義務を負うなど、ニコロは、一族の長として数々の責任を果たしながら、災害の後始末に追われていたようです。 ヴァイオリンを作っているどころではなかったのかもしれません。1630年代にニコロ・アマティによって作られた楽器の数は極少数です。 ペスト以前、アマティの工房は基本的に一族の者のみによって運営されていました。そのため、代々伝わってきた技と知識を一族内に留めることが出来たのです。しかし、妻子がおらず、仕事を手伝ってくれる者もいなかったニコロは、ある決断をします。 一族以外の者を弟子として受け入れることです。 それまで独占していた技術を外部に漏らす危険を冒すことになるわけですが、工房にいち早く以前の活気と成功を取り戻すためには、必要な改革でした。 ただし、クレモナ外からの弟子を採用することによって、将来の競争相手をなるべく減らそうとしました。よそ者のほうが、地元出身の人間よりも、独立後にそのままクレモナに居つく可能性が少ないとふんだのでしょう。 1640年代に入り工房が再び軌道に乗り出した頃に、ニコロは不動産に投資するなどして、ヴァイオリン作り以外のビジネスにも手を出すようになります。 思わぬ災害が再び起こり、また楽器が売れなくなった時のための保険だと考えていたのかもしれません。しかし、これらの副業が後に保険どころか、足かせとなってしまいます。なんとも皮肉なことですよね。 それまで妻子を持たずに一族を立て直すために奔走してきたニコロが、ようやく結婚したのは1645年、49歳の時でした。お相手は良家の出であるルクレッジア・パグリアリ(Lucrezia Pagliari)。当時としてはかなりの晩婚です。正直、ほっとしたのではないでしょうか。 挙式が挙げられたのは5月23日でしたが、その直前にニコロは小さな家を一軒、姪にあたるアンジェラ(Angela)に譲っています。彼女の母親、エリザベッタ(Elizabetta)はニコロの姉であり、ペストによって夫を亡くして以来、アンジェラと共にニコロの家を拠り所として暮らしていました。 当時のアマティ家は、召使い2人を含めた計10人が住む大所帯でした。アンジェラに母と共に住める住居を与えたのは、新妻のために家の中のスペースを確保しながらも、姉と姪に迷惑がかからないようにとの配慮でしょう。心憎い気配りです。 挙式の際、証人として立ち会ったのは他でもないアンドレア・グァルネリ (Andrea Guarneri)、三世代にわたって続き、グァルネリ・デル・ジェスを生み出したヴァイオリン作りの名家、グァルネリ家の創始者です。 アンドレア・グァルネリがニコロに弟子入りしたのがいつかは、はっきりしていませんが、1641年に製作された戸籍簿には、既にアンドレアの名前がもう一人の弟子、ジャコーモ・ジェナロ (Giacomo […]

【名器のお話し】ニコロ・アマティ1649年『アラード』


兄弟喧嘩のために、パートナーシップを1588年に解消してしまったアントニオ (Antonio)とジロラモ (Girolamo)のアマティ兄弟。これを機会に兄であるアントニオがヴァイオリン製作から引退してしまったために、アマティの工房はジロラモによって続けられていきます。 ジロラモは2回結婚しており、少なくとも計12人の子供がいました。そのうち、後にアマティ家随一の天才として知られるようになるのは、ニコロ・アマティ(Nicolò Amati)ですが、彼の他にもジロラモには3人の息子がいました。 その中でも特に興味深いのは、ロベルト(Robert)の存在です。 奇しくもジロラモとアントニオが別々の道を進むことになった1588年に生まれたロベルトは、アマティ家の長男として工房を継ぐことになるはずでした。ジロラモも多大な期待をよせていたことでしょう。まだ幼いころからマエストロになるための教育を父親から受けていたのは、ほぼ確実です。 そんな彼が、父親の工房でどのような役割を演じていたかは、実際にはまだ分かっていません。しかし、20歳代半ば頃から父親の右腕として活躍していた可能性は、十分あります。今回ご紹介する1611年製のヴァイオリンにも何らかの形で関与していたのかもしれません。 不幸にも、1615年、ロベルトは兵役中にポー川で事故死してしまいます。27歳の若さでした。 1611年にジロラモ・アマティによって作られたこの楽器は、2010年12月に英国ロンドンのオークションハウスの一つ、Brompton’s において£130,000 (約1,700万円)で取引されたものです。 現在では、ジロラモの手によるものだと認められていますが、競売にかけられた際には、慣習に従いアマティ兄弟の作品として出品されました。 今からちょうど 400年前に作られたこの楽器、残念ながら渦巻きはオリジナルではなく、後に交換されたものです。損傷した渦巻きを身近にあるものと取り替えてしまうという行為が、過去には頻繁に行われていました。 たとえその代用品が、オリジナルと同一の製作者によるものではなくてもです。こういった野蛮な修理の犠牲になったのは、渦巻きだけではなく、表板や側板などが取り替えられてしまった楽器もあります。 修復の技術、そしてなによりもそのモラルが進んでいる現在では、考えにくいことです。 楽器本体、特に裏板の状態は比較的良好です。それでも、コレクターズアイテムとしてではなく、4世紀にわたり道具として使われてきた楽器だけが持つ風格をそなえています。 このヴァイオリンの表板の厚さは中央部で約2.4mm、上下部では約 1.7mmと薄めですが、ひび割れの痕が所々に残ってはいるものの、ジロラモの特徴がよく現れた力強いアーチはそれほど歪んでいません。 表板にはよく目の詰まったスプルース、裏板には雲海を思い起こさせる杢が印象的な、板目で挽かれたメイプルの一枚板が、それぞれ使ってあります。 残念なことに、「アマティの黄金のニス」として有名なオリジナルのニスはほとんど残っていません。 父アンドレアの時代からヴァイオリンのデザインがどのように発展していったのかに興味がある方には、まず f孔に注目してみることをお勧めします。 アンドレア作『タリーハウス』、アントニオ作『メンデルスゾーン』、そして、ジロラモのf孔を並べた写真を載せておきますので、見比べてみてください。 徐々にノッチ、及び上部の円が小さく、そして、「羽」(ウィング)は逆に大きくなっていくのが分かりますよね。また、「脚」と「首」にあたる部分のカーブに、より丸みが帯びていくのが確認できます。 これらの変化によって、どちらかといえば上下の流れが目につく姿から、左右に幅を持った優雅な線の流れが際立つ作りになっていきます。 王室御用達ブランド、アマティ ジロラモとほぼ同時代を生きた音楽家に、クラウディオ・モンテヴェルディがいます。作曲家として有名な彼が、クレモナ出身だったということを皆さんはご存知でしょうか? モンテヴェルディが初めて書いたオペラ、1607年に初演された「オルフェオ」には、「小型のフレンチ式ヴァイオリン」を使うようにとの指示があります。この楽器は、通常のヴァイオリンよりも短3度高く調弦 […]

【名器のお話し】ジロラモ・アマティ1611年バイオリン



ストラディヴァリと共にヴァイオリン作りの頂点に立つ巨匠といえば、通称グァルネリ・デル・ジェス (Guarneri del Gesù)ことバルトロメオ・ジュゼッペ・グァルネリ(Bartolomeo Giuseppe Guarneri)。 彼は、三世代に渡って続いたヴァイオリン作りの一族、グァルネリ家の一員です。グァルネリ家からは他にも4人の優れた製作家が生まれていますが、デル・ジェスのイメージがあまりにも強烈なため、グァルネリといえば自然とデル・ジェスを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 イエスのグァルネリ グァルネリ・デル・ジェスとは「イエスのグァルネリ」という意味を持つあだ名です。彼のラベルに使われていた十字架と IHS のサインから後に人々が名付けました。IHS はラテン語の Iesus Hominem Salvator を短縮したもので、救世主イエスの意味を持ちます。 デル・ジェスがこのサインを使用していたのは、彼が熱心なクリスチャンだったためと捉えられがちですが、実はこれが単に工房の所在地を示したものだったのではないかという解釈が近頃はとられています。 同様のサインを用いたレリーフが工房の入り口に彫りこまれていたか、看板として掛けられていたのではないかという説です。 デル・ジェスの名にどこか伝説じみたロマンスを求める人々にとっては、現実的すぎて少し残念な話ですよね。 空白の6年 1698年に生まれたデル・ジェスは、1714年頃に父、 ジュゼッペ・グァルネリ ・フィリウス・アンドレア(Giuseppe Guarneri filius Andreæ)の弟子としてヴァイオリンを作り始めますが、そのまま製作家としての道をまっしぐらに歩んでいったわけではありません。 このころのクレモナで唯一繁盛していたのはストラディヴァリの工房のみで、隣人であるグァルネリ一家は経済的に非常に苦しい立場にありました。 1715年に父ジュゼッペは多額の借金をしています。父親が必死になって働いているにもかかわらず、暮らしは一向に楽にならない。そんな状況のなか、デル・ジェスの兄であり、同じくヴァイオリン製作者であるピエトロ・グァルネリはクレモナでの生活に見切りをつけ、1717年にヴェネチアに移住します。 そして5年後の1722年、デル・ジェス自身もカタリーナ・ロタと結婚すると同時に住み慣れたグァルネリ一族の家を離れます。この一族の家は二つの建物からなっており、新婚間もない夫婦が住んでも全く問題なかったはずです。 しかも、デル・ジェスは末っ子でしたが、1人目の兄は既に15歳の若さで他界しており、2人目の兄であるピエトロもクレモナを離れ家族との縁を断ってしまったために、彼が一族の家と仕事をそのまま受け継ぐことになるはずだったのです。どんな事情があったのでしょうか? […]

【名器のお話し】グァルネリ・デル・ジェス 1741年『ヴュータン』


パーソナルモデル この楽器のお客様からいただいたオーダーの内容は、「ストラディヴァリとか、グァルネリとかいったモデルにはこだわっていないので、深くて固くない音色のバイオリンが欲しい」というものでした。そこで、深みがあり少々ダークな音色に定評のある後期のストラディヴァリをベースに、常にお客様の理想の音を頭に思い浮かべながら、比較的自由に自分の個性を出しつつ作ったのがこのバイオリンです。ふくよかなアーチから想像できる豊かな音色で、お客様にも大変喜んでいただけました。 Journalに戻る

2016 Personal Model Violin   更新しました!


以前ご紹介した「ヴァイオリンの父」、アンドレア・アマティには5人の子供がいました。アポロニア(Apollonia)、エリザベッタ (Elisabetta)、ヴァレリア (Valeria) の3人の娘、そして、アントニオ(Antonio)とジロラモ(Girolamo、又はラテン語で Hieronymus) の2人の息子です。 このアントニオとジロラモが、通称「アマティ兄弟」(the Brothers Amati)として知られるアマティ家2代目のヴァイオリン製作者です。 なぜ「アマティ兄弟」なのでしょうか? もちろん、それは彼らが血のつながった兄弟であったからなのですが、その他にもこの二人が共同して楽器を製作、そして工房を経営していたからだという理由があります。彼らの楽器には通常、「Antonius & Hieronymus Fr. Amati」というようにアントニオとジロラモの名前が揃って記されたラベルが貼られています。 残念ながら父アンドレアと同様、アントニオについての記録はあまり残っていませんが、1556年に徴兵のためにクレモナで編集された名簿には、「リュートを作るマエストロ」としてアントニオの名が登録されています。 リュートと聞いて少し不思議に思う人がいるかもしれません。急速に市民権を得ていったとはいえ、当時のヴァイオリンは比較的新しい楽器。まだその全盛期にあったリュートとは違い、ヴァイオリンという言葉自体があまり普及していなかったようです。 実は、現在も『ヴァイオリン製作者』にあたるイタリア語は『Liutaio』で、こちらの語源も『リュート作り』です。 当時徴兵の対象になったのは16歳から50歳までの男性だったので、この時点でアントニオは少なくとも16歳、生まれたのは遅くとも1540年になります。既にマエストロを名乗っているからには、もう数年ほど早く生まれていたのでしょう。 アントニオの弟ジロラモが生まれたのは、1584年に書かれた委任状にジロラモの年齢が 23 歳だと記録されていることから、1561年のことだと分かるのですが、どうやらこれもそう単純な問題ではなさそうです。 というのも、ジロラモが一人目の妻であるルクレツィアと結ばれたのが 1574 年だという記録が残されているからです。1561年に生まれていたとしたら、なんとジロラモは13歳で結婚(!!!)したことになります。全く不可能ではないですが、考えにくいことですよね。 どちらにせよ、アントニオとジロラモの年は少なくとも十数年以上離れていたいたことは確かです。おそらく、腹違いの兄弟だったのでしょう。 アンドレアのもとで幼い頃から弟子として腕を磨いていたアントニオですが、1560年代に入ると彼独自の「癖」がアンドレアの作品に顕著に現れてきます。 ただの見習いとして父親の手伝いをするだけではなく、立派な一人前の職人として認められ、楽器の製作過程でより重要な役割を果たすようになっていたのでしょう。 1560年代後半からアンドレアが亡くなる 1577年までの間にアマティの工房で作られた楽器は、アンドレアのラベルが貼られてはいますが、実際には主にアントニオの手によるものです。 […]

【名器のお話し】アントニオ・アマティ1588年『メンデルスゾーン』