作品の紹介


ガスパロ・ダ・サロ モデル ビオラ 412mm ガスパロ・ダ・サロの412mmモデルです。こちらで紹介している420mmモデルとは異なり裏板と側板にはメープルを使用しています。 2019 Gasparo da Salo Viola 420mm 販売中です。価格は、1,320,000円 (税込み) になります。 試奏をご希望の方はお早めにお問い合わせください。 5月7日(金) ~ 5月9日(日)に秋葉原UDXにて開催される、弦楽器大展示会に出展予定の楽器になります。会場にてお試しいただけますので、ぜひこの機会にどうぞ。 ボディ:412mmアッパーバウツ:200mmCバウツ:137mmローワーバウツ:235mm弦長:368mmストップ:217mm

2020 Gasparo da Salo Viola 412mm


ただ今、ガスパロ・ダ・サロのビオラ、406mmと412mmのモデルをそれぞれ製作しています。こちらで紹介した420mmのガスパロとは異なり、どちらも裏板と側板には一般的なメープルを使っています。2019 Gasparo da Salo Viola 420mm 412mmのモデルは2020年11月から、406mmのモデルは12月中旬以降から試奏可能になります。ご興味がある方は、お早めにご連絡ください。ご希望のビオラが仕上がりしだい、お問い合わせをいただいた順に日程の調整をいたします。ご了承ください。 更新 (11.3.2020): 412mmモデルは完成いたしました!2020 Gasparo da Salo Viola 412mm

【現在製作中の楽器】Gasaparo da Salo Viola 406mm, 412mm


グァルネリ・デル・ジェス モデル 1738年頃にグァルネリ・デル・ジェスによって作られた作品をもとに製作したバイオリンです。一般的なストラディヴァリ型のバイオリンよりは小ぶりですが、パワーに溢れた音色で鳴ってくれます。 ボディ:352mmアッパーバウツ:164mmCバウツ:112mmローワーバウツ:204mm

2019 Guarneri Violin



ガスパロ・ダ・サロ モデル ビオラ ビオラ奏者にとって憧れのガスパロ・ダ・サロをモデルにしたビオラです。 ボディの側板と裏板にはメープルではなく、ポプラを使用しています。 ポプラをボディの材料として使うことで、より深く暖かい音色になり、レスポンスも良好な楽器ができます。また、長時間演奏しても疲れないように軽量化を図るためにも、より一般的なメープルよりも比重が軽いポプラは非常に有効です。C線からA線までバランスよく、繊細な音から身体に伝わる豪快に鳴り響く音まで、演奏者の期待に応えてくれる音色のビオラになりました。 「ガスパロ・ダ・サロモデルのビオラは弾いてみたいけれども420mmはちょっと...」という方には、このモデルをご希望のサイズでお作りいたしますよ。もちろん、メープルを使ったモデルもご用意できます。 現在、メープルを使用した406mmと412mmのダ・サロを製作中です。 【現在製作中の楽器】Gasaparo da Salo Viola 406mm, 412mm ボディ:420mmアッパーバウツ:204mmCバウツ:135mmローワーバウツ:242mm弦長:374mmストップ:220mm Journalに戻る

2019 Gasparo da Salo Viola 420mm


モンタニャーナ チェロ モンタニャーナのチェロは、ストラディヴァリのチェロなどと比べると、ずんぐりむっくりとした輪郭をしています。堀が浅く力強いアーチと伴い、この体型が独特で馬力のある音色の鍵となっているようです。ただ、ボディのくびれた部分(Cバウツ)の横幅が広いため、弓が表板のエッジに当たりやすくなり、演奏に支障をきたすことがあります。私が製作するときには、ネックの高さ、角度、またボディの輪郭などに工夫をこらし、そのようなことが起こらないようにしています。 表情豊かでパワーもありますが、高音を弾いても決して耳障りにならない音色のチェロです。 ボディ: 747mm アッパーバウツ: 358mm Cバウツ: 254mm ローワーバウツ: 445mm 弦長: 695mm モンタニャーナ モデルのチェロ、または木村哲也製作のチェロ全般について、何かご質問はありますか?こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。 Journalに戻る

2016 Montagnana Cello


パーソナルモデル この楽器のお客様からいただいたオーダーの内容は、「ストラディヴァリとか、グァルネリとかいったモデルにはこだわっていないので、深くて固くない音色のバイオリンが欲しい」というものでした。そこで、深みがあり少々ダークな音色に定評のある後期のストラディヴァリをベースに、常にお客様の理想の音を頭に思い浮かべながら、比較的自由に自分の個性を出しつつ作ったのがこのバイオリンです。ふくよかなアーチから想像できる豊かな音色で、お客様にも大変喜んでいただけました。 Journalに戻る

2016 Personal Model Violin