作品の紹介


胴長が470mmほどのビオラを弾きたいというお客様のためにお作りした楽器です。 16世紀にブレシアでペレグリーノ・ミケーリによって製作されたテノールビオラをベースに、その大きさに反していかに弾きやすくするかを考え抜いてデザインしました。裏板と側板にはポプラを使用し、軽量化を図りました。軽いだけではなく、温かみのある音色が得られ、レスポンスも良くなるポプラはビオラやチェロとの相性が抜群の材料です。 ボディ: 468mm (18 1/2 inches)アッパーバウツ: 224mmCバウツ: 147mmローワーバウツ: 265mm弦長: 390mmストップ: 233mm

2022 Peregrino Michelli Di Zanetto Viola   更新しました!


メキシコの製作家 エドゥアルド・カスターニョ(Eduardo Castaño)との合作です。鳥取の工房で共に過ごした数ヶ月間に製作しました。 モデルは、ウジェーヌ・イザイが所有していたことでも知られるグァルネリ・デル・ジェス1740年作『イザイ』をベースにしています。 明朗で、音の立ち上がりが速さが特徴のバイオリンです。 試奏および販売可能な作品です。価格は、1,320,000円 (税込み) になります。 試奏をご希望の方はお早めにお問い合バイオリンわせください。 ボディ:353mmアッパーバウツ:165mmCバウツ:110mmローワーバウツ:204mm

2018 “Ysaÿe” Guarneri del Gesù


ガスパロ・ダ・サロの406mmモデルです。 販売中です。販売価格は1,320,000(税込み)となります。試奏をご希望の方はお問い合わせください。 ボディ:406mmアッパーバウツ:201mmCバウツ:134mmローワーバウツ:250mm弦長:364mmストップ:215mm

2021 Gasparo da Salo Viola 406mm



こちらのページでご紹介させていただいているモンタニャーナモデルのチェロを所有されているチェロ奏者、清水陽介さんのコンサートがオンラインで視聴できます。 いくつもの受賞歴がある若手チェリストの清水さんの活躍にはこれからも注目です。

【動画】2016 Montagnana Cello in Concert


マッテオ・ゴフリラー 1701 モデル チェロ オーダーメイドで製作したゴフリラのコピーです。ポプラの一枚板を裏板に使用しました。 ボディ:753mmアッパーバウツ:354mmCバウツ:237mmローワーバウツ:459mm弦長:692mmストップ:400mm

2021 Matteo Goffriller Cello ca.1701


ガスパロ・ダ・サロ モデル ビオラ 412mm ガスパロ・ダ・サロの412mmモデルです。こちらで紹介している420mmモデルとは異なり裏板と側板にはメープルを使用しています。 2019 Gasparo da Salo Viola 420mm 販売中です。価格は、1,320,000円 (税込み) になります。 試奏をご希望の方はお早めにお問い合わせください。 ボディ:412mmアッパーバウツ:200mmCバウツ:137mmローワーバウツ:235mm弦長:368mmストップ:217mm ビオラの試奏を希望される方は、こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。

2020 Gasparo da Salo Viola 412mm