About


Tetsuya Kimura

1979年  岐阜県不破郡垂井町に生まれる

1997年  高校卒業後、渡英

1998年  Leeds College of Musicにてヴァイオリン製作、及びクラシックギター製作を学ぶ

2000年  Newark Violin Making Schoolにてさらにヴァイオリンを追究

2003年  同校卒業後、Neil Kristóf Értz氏に師事

2005年  ノース・ヨークシャー地方のHellifieldにて工房を開き、製作活動に専念

2007年  アメリカ ボストンのReuning&Son、及びアナーバーのJeffery Holmes Fine Violinsとのコラボレーション開始

2008年  国際的なヴァイオリン専門誌"The Strad"に新鋭の製作家として紹介される

ベルギーのアントワープの弦楽器専門店Pro Arteに工房長として招かれ、修理、修復、及び調整に携わる

2009年  帰国。岐阜県垂井町でAtelier Kimuraを構える

2010年 絃楽専門誌『ストリング』でコラム『知っているようで知らない名器の逸話』を連載開始。2012年秋まで全25回を連載

2013年 個展『音作りの裏側』を岐阜県池田町で開催。

東京都渋谷区の弦楽器専門店KOTOにてオールドの調整に携わる

2015年 国内初のヴァイオリン職人のためのワークショップ『みささヴァイオリンワークショップ』を企画・開催

第二回となる個展『音作りの裏側』を岐阜県大垣市で開催

工房を鳥取県鳥取市に移す

2016年 第二回『みささヴァイオリンワークショップ』を企画・開催